超高齢者化社会で注目のビジネス!

訪問医療マッサージ
オンラインセミナー 


社会貢献をしながら
毎月300万円を得られる方法を

完全無料で公開します!
 
訪問医療マッサージ事業は、
今が参入のチャンス!
高齢化社会が進んでいます。

65歳以上の人口は3500万人を突破し、
今後もその流れは止まりません。
そんな高齢化が進む中で
国が積極的に医療費を増やしており、
40兆円以上に拡大しています。

今後も増加が続き
2025年には60兆円を超えると
予想されています。
そこで注目されているビジネスが、
訪問医療マッサージです。

訪問医療マッサージとは?
国家資格であるあん摩マッサージ指圧師が、
高齢者のご自宅や施設へ訪問して行う医療マッサージです。
病院と同じように健康保険が効きますので、
利用者は0~500円程度の負担になります。


・身体に麻痺がある
・慢性的な負担がある
・寝たきり状態
・関節拘縮により歩行が困難
・車椅子使用している


といった方が利用者になります。

訪問医療マッサージのメリット

1、小資本で開業できる

50〜100万円程度の資金で開業でき、
年商3000万円以上が可能です。

異業種・未経験からでも、
3〜6ヶ月程度で黒字化が可能です。

2、利益率が高い

在庫を持つ必要がないので、
利益率30%程度を確保することができます。

月商300万円が可能なので、
毎月100万円程度の利益を得られます。

3、毎月のストック収益が入る

一度、利用者獲得すれば、
1人あたり月8〜10回の利用が見込め、
半年〜数年に渡り継続されます。

利用者獲得コスト1万円に対して、
売上50万円以上になります。

4、国からの保険料収入

病院と同じように
売上は国からの保険料になるので、
100%期日通りに入金されます。

不払いや遅延がありませんので、
債権回収に苦労することもありません。

5、社会情勢の影響を受けにくい

飲食店や宿泊業などを中心として、
今回のコロナで大きなダメージを受けています。

しかし、訪問医療マッサージは病院と同じように
患者に治療をする事業なので、
不況の影響を受けにくい事業となっています。

6、長期的な経営ができる

日本の高齢化はこの先30〜40年は続きます。

国が治療の機会を奪うことはありませんので、
景気や流行りもなどに影響を受けません。

少なくともこの先30年程度は、
安定した経営が見込めます。

7、消費税が免除される

2019年10月に増税された消費税ですが、
訪問医療マッサージは社会貢献事業のため
消費税が非課税と優遇されています。

通常のビジネスと比べ、
初めから利益率が10%高くなるので、
その分収益性もアップします。

8、社会貢献できる

病気で苦しんでいる人々を救うことで、
社会貢献をすることができます。

しっかりと収益を得えながら、
患者やその家族から感謝されるという
WIN-WINの関係を実現できます。

毎月300万円以上の
継続的な売上を確保できる
売上は月間300万円程度になります。

リピートによる売上がメインとなるので、
一度、利用者を確保すれば、
長期的なストック収入を得ることができます。

利益率は30%程度になるので、
毎月100万円近くの利益を確保できます。
もちろん、拠点数を増やしていけば、
その分売上は増えていきます。

2〜3店舗を開院すれば、
年商1億円以上を達成することも可能です。

訪問医療マッサージ開業の壁
しかし、訪問医療マッサージを開業するには、

・資格を持ったスタッフの確保
・利用者の獲得
・医師の同意書


が必要となり、
大きな障壁となっています。

今回は、これら3つ壁を突破し、
異業種・未経験から訪問医療マッサージを
開業するための方法をお伝えする
無料のオンラインセミナーを開催します。

オンラインセミナーで
お伝えする内容
今回のセミナーでは以下の内容をお伝えします。 

なぜ訪問医療マッサージを始めるべきか?

訪問医療マッサージはどんなものなのか?

今後30年間は安泰な理由とは?

開業するエリアを選ぶ基準とは?

訪問医療マッサージに必要な物件とは?

国家資格者を確保する採用方法とは?

採用すべきスタッフの特徴とは?

利用者を集める2つの集客法とは?

開業に必要な資金とその内訳は?

具体的な収益シミュレーションとは?

訪問医療マッサージ
オンラインセミナー

会場

オンライン(ZOOM)

参加費

9800円 → 無料