異業種・未経験からの参入多数!

子ども療育園
オンラインセミナー


こども療育園のオーナーとして、
社会貢献をしながら、

毎月300万円以上
売上を出す仕組みをお伝えます。
子ども療育園への参入は
今がチャンス!
全国に約50万人の障がい児がいる中で、
児童発達支援の利用者数は10万人と、
約8割の子どもが利用できていない状況です。


このような状況の中で、
国は障がい福祉サービスに使う予算を

平成19年 5840億円
令和2年 1兆6347億円


と3倍以上に増加させており、
国策事業として後押ししている業界です。
 
また、幼児教育・保育が無償化に伴い、
児童発達支援に関しても、
利用料が無償となったことも
業界の大きな追い風となっています。

子ども療育園とは?
児童発達支援とは、

・日常生活に遅れがある
・話さない、言葉が出てこない
・おむつが外れない
・落ち着いて座っていられない
・勝手に出て行ってしまう


といった児童に対して、
以下のような療育を行う福祉サービスです。
 

現在、クラスに2人(6.5%)が
発達障害の可能性がある言われています。

しかし、療育を実施できる事業者は限られており、
まだまだ施設が足りていない状況です。
 

子ども療育園を開業する
5つのメリット

1、利用者を集めやすい

全国に障がい児は約50万人いますが、
施設を利用できているのは、
その中の10万人程度と言われてます。

約8割の子どもが利用できていない状況なので、
利用者を集めることは難しくありません。

 

2、早期に黒字化できる

需要が多く利用者を集めやすい状況なので、
その分、早期の収益化が可能です。

実際に弊社でこれまでに開業した直営店は、
全事業所が3〜6ヶ月以内で黒字化しています。

 

3、毎月のストック収入が得られる

家賃収入のように毎月決まった期日に
決まった金額が安定して入金されるようになります。

期初に年間収支がハッキリ分かるので、
事業計画が立てやすくなります。

4、国からの給付費で安定している

売上は国からの給付費になるので、
100%期日通りに入金されます。

報酬の不払いや遅延がありませんので、
債権回収に苦労することもありません。

5、社会貢献性が高い

療育を必要とする子どもの支援だけでなく、
その保護者も支える事業です。

非常に社会貢献性が高く、
やりがいのある仕事となっています。

毎月300万円以上の
継続的な売上を確保できる
売上は国からの給付費となり、
利用者1名あたり月30〜33万円程度になります。

そのため10名の利用者を集めるだけで、
毎月300万円以上の売上で、
150万円以上の利益を確保することも可能です。

全国100社以上のサポート実績
子ども療育園を開業するには、

・児童発達支援管理責任者(資格者)の採用
・法定要件を満たす物件の確保
・自治体への許可申請


が必要となり、
大きな参入障壁となっています。

しかし、弊社では、
これら3つの壁を突破する仕組みを整えており、
これまでに100社以上の
障がい福祉施設の開業をサポートしております。

そこで今回は、障がい児を支援しながら、
高い収益を得られる児童発達支援事業所を
ゼロから開業するための方法をお伝えする
無料のオンラインセミナーを開催することにしました。

オンラインセミナーで
お伝えする内容
今回のセミナーでは以下の内容をお伝えします。 

なぜ今すぐに子ども療育園を始めるべきなのか?

そもそも子ども療育園とはどんなものなのか?

子ども療育園を開業できる物件条件とは?

資格者など必要な人員基準とは?

子ども療育園を立ち上げる5ステップとは?

具体的な収益シミュレーションととは?

現場をスタッフに任せて自分はオーナーとなる仕組みとは?

子ども療育園
オンラインセミナー

会場

オンライン(ZOOM)

参加費

9800円 → 無料
特定商取引法に基づく表示 
Copyright © 株式会社ワンライフ All rights reserved.