未経験から年商1億円以上も可能!

障がい者グループホーム
オンラインセミナー 


社会貢献をしながら、

毎月100〜300万円を得られる
ビジネスオーナーになりませんか?
障がい者グループホームは
今が参入のチャンス!
現在、全国に1000万人の障がい者がおり、
入居できる物件が全く足りていない状況です。
このような状況の中で、
国は障がい者支援に使う予算を

平成19年 4473億円
平成30年 1兆997億円


と2倍以上に増加させており、
国策事業として後押ししている業界です。
また、2019年6月に建築基準法の改正により、
障がい者グループホームとして使用できる物件が増えたことにより、
参入のチャンスが広がっています。

障がい者グループホームとは?
障がいのある方が共同生活を行う小規模な住居です。

障がい者と聞くと色々なイメージをお持ちかもしれませんが、
グループホームの利用者は軽度な障がい者になり、
日中は仕事に出かけるなど健常者と変わりない生活を過ごしています。

ただ日常生活を送る上で少しだけサポートを必要としており、

・食事の提供
・お部屋の清掃
・お金の管理
・服薬の管理
・病院や役所と連携


などの生活支援サービスを提供します。

障がい者グループホーム事業の
7つメリット

1、高い収益性

300万円程度から開業することができ、
年商1億円を目指すことも可能です。

利益率も高く30%程度を確保することができます。

また、自治体によるサポートが手厚く、
様々な補助金を活用することができます。

2、毎月の安定したストック収益

家賃収入のように毎月決まった期日に
決まった金額が安定して入金されるようになります。

期初に年間収支がハッキリ分かるので、
事業計画が立てやすくなります。

また、売上は国からの保険料になるので、
100%期日通りに入金されます。

報酬の不払いや遅延がありませんので、
債権回収に苦労することもありません。

3、集客や営業が不要

厚生労働省によると入居待ちの待機者が
全国で約360万名います。

そのため無理な営業活動せずとも、
スムーズに入居希望者を確保することができます。

そのため大半のビジネスで課題となる
集客や営業面に困ることがありません。

4、長期的に継続できる

厚生労働省の政策として、
障がい者のグループホームへの入居が推進されています。

国が障がい者の住居を奪うことはありませんので、
景気や流行りもなどに影響を受けません。

少なくともこの先30年は安定した収益が見込めます。

5、消費税が免除される

2019年10月に増税された消費税ですが、
障がい者グループホームは社会貢献事業のため
消費税が非課税と優遇されています。

通常のビジネスと比べ、
初めから利益率が10%高くなるので、
その分収益性もアップします。

6、関連事業へ拡張性がある

就労支援や訪問看護など関連事業で
収益を積み上げることが可能です。

これらを組み合わせることで、
収益性がアップすることはもちろん、
事業分散によるリスクヘッジにもなります。

7、社会貢献できる

収益を得ながら社会貢献をすることができ、
国や地域、利用者やその家族から感謝されます。

また、民家を有効活用しているので、
年々深刻化している空き家問題の解決にもなります。

毎月300万円以上の
継続的な売上を確保できる
売上は国からの保険収入がメインとなり、
利用者1名あたり25万円程度になります。

そのため利用者10名程度の利用者を集めるだけで、
毎月300万円以上の売上で、
130万円の利益を確保することが可能です。
もちろん、利用者を20人30人と増やしていけば、
その分売上は増えていきます。

25名程度の利用者を集めれば、
年商1億円以上を達成することも可能になります。
全国150件以上のサポート実績
障がい者グループホームを開業するには、

・サービス管理責任者(資格者)の配置
・法定要件を満たす物件の確保
・自治体への許可申請


が必要となり、
大きな参入障壁となっています。

しかし、これら3つの壁を突破する仕組みを整えており、
これまでに150件以上の開業をサポートしております。
以下は、実際に弊社のサポートを活用し、
グループホームを開業したオーナー様の声です。
今回は、そんな高収益を得られる障がい者グループホームを
ゼロから開業するための方法をお伝えする
無料のオンラインセミナーを開催することにしました。

オンラインセミナーで
お伝えする内容
今回のセミナーでは以下の内容をお伝えします。 

なぜ今すぐに障がい者グループホームを始めるべきなのか?

そもそも障がい者グループホームとはどんなものなのか?

福祉ビジネスに活用できる優遇された融資制度とは?

障がい者グループホームが今後30年間は安泰な理由とは?

障がい者グループホームを運営できる物件条件とは?

資格者や管理者などの必要な人材とは?

障がい者グループホーム開業までの6ステップとは?

開業後の具体的な収益シミュレーションとは?

完全丸投げで障がい者グループホームを運営できる仕組みとは?

障がい者グループホーム
オンラインセミナー

会場

オンライン(ZOOM)

参加費

9800円 → 無料
特定商取引法に基づく表示  /  プライバシーポリシー
Copyright © 日本障害福祉グループ 2020 All rights reserved.